書式をすばやく解除するショートカット キー

文字書式のクリア

下図の「文字書式のクリア」という文字列には、標準 (最初の状態) に、14pt、太字、斜体、下線、フォントの色 (青)といった文字書式が加えられています。また、段落書式として中央揃えが設定されています。
 

  1. 選択している段落の文字書式だけをクリアするには、[Ctrl] + [スペース] を押します。001.jpg
     
  2. 文字書式だけがクリアされ、段落書式 (中央揃え) は維持されます。

    選択している場所 (文字列、段落) の文字書式だけをクリアしたいときにすばやく操作できます。002.jpg


     

段落書式のクリア

下図の「段落書式のクリア」という文字列には、標準 (最初の状態) に、14pt、太字、下線、フォントの色 (赤) といった文字書式が加えられています。また、段落書式として中央揃えが設定されています。
 

  1. 選択している段落の段落書式だけをクリアするには、[Ctrl] + [Q] を押します。003.jpg
     
  2. 段落書式だけがクリアされ、文字書式は維持されます。

    選択している場所 (文字列、段落) の段落書式だけをクリアしたいときにすばやく操作できます。
    004.jpg


 

 

文字書式のクリア+段落書式のクリア+[標準] にする

文字書式が設定され、左インデントと箇条書きの設定も加えられている段落で、書式をクリアしていく流れをご紹介します。
 

  1. 選択している段落の文字書式だけをクリアするには、[Ctrl] + [スペース] を押します。
    005.jpg
     
  2. 文字書式だけがクリアされ、段落書式は維持されます。

    選択している段落の段落書式だけをクリアするには、[Ctrl] + [Q] を押します。
    06.jpg
     
  3. 段落書式 (箇条書き) がクリアされます。

    ただし、インデントは解除されていないことがわかります。
    007.jpg
     
  4. この段落には、箇条書きの書式とともに左インデント (4 字) が設定されています。
    これは [リスト段落] というスタイルが適用されている、ともいえます。

    このように、「段落書式をクリアしたはずなのに位置が戻らない!」となったときは、スタイル ギャラリーで[標準] になっているかどうかを確認してください。
    008.jpg
     
  5. [標準] スタイルを適用するには、[Ctrl] + [Shift] + [N] を押します。
    009.jpg
     
  6. 選択している段落に [標準] スタイルが適用されます。

    インデントも 0 に設定 (解除) されていることがわかります
    010.jpg
     

 


不要な書式を残さないことが、Word をスムーズに使用する 1 つのポイントです。
たとえば、「勝手に2.が付いた!」といわれますが、上記の段落書式のクリアの内容を見ていただくと、勝手についたら [Ctrl] + [Q] と覚えておけば良い、ということがわかると思います。
書式に関連するショートカット キーは、登場頻度が高いので覚えておくことをおすすめします。
 

石田 かのこ