パスワードつきの PDF ファイルを作る

Word 2010 では、PDF ファイルを作成するときにパスワードを設定できます。正確にいうと、暗号化ができるということですが、わかりやすいのは「パスワードがわからないと開けないようにする」という表現でしょうか。

作成した文書を元に PDF ファイルを作成するときにパスワードを設定する方法を紹介します。



  1. PDF ファイルを作成する Word 文書を開いて、[ファイル] タブの [保存と送信] をクリックし、[PDF/XPS ドキュメントの作成] をクリックして [PDF/XPS の作成] をクリックします。


     
  2. [PDF または XPS 形式で発行] ダイアログ ボックスで PDF ファイルの保存先を選択して、[オプション] をクリックします。


     
  3. [オプション] ダイアログ ボックスの [ドキュメントをパスワードで暗号化する] をオンにして [OK] をクリックします。


     
  4. [PDF ドキュメントの暗号化] ダイアログ ボックスで設定するパスワードを入力して [OK] をクリックします。


     
  5. [PDF または XPS 形式で発行] ダイアログ ボックスで PDF ファイルの名前を入力して、[発行] をクリックします。


     
  6. PDF ファイルを開くときにパスワードの入力を求められます。設定したパスワードを入力して [] をクリックすると PDF ファイルが開きます。


     


Office の機能として PDF ファイルの作成ができるようになって数年、とても利用がしやすくなりました。Word 2010 ではパスワード設定も可能ですのでご活用ください。

なお、Excel 2010 も PowerPoint 2010 もPDF ファイルの作成はできるのですが、パスワードの設定ができるのは Word 2010 だけです。


石田かのこ